上野毛南パークホームズ

昨日は、5月に亡くなった友達の新盆なので行ってきました。

友達と12時に待ち合わせだったので、ちょっと早めに出てホームセンターで
自転車の部品とカラーボックスを購入して、ちょっと時間があったので

ホームセンター兼スーパーの喫茶コーナーでコーヒーを飲みながら
ゆったりとしたひと時を過ごしていました。

時間になったので、友達との待ち合わせ場所に行き
それから上里町の「思茶」ってレストランで食事しました。

YAPPY!は、ぺペロンチーノとカレーのセット、友人はナストマトパスタとカレーでした。
カレーの肉がトロトロで味に深みがあって美味しかったです。

その友達は、深谷市に住んでるのですが、最近 洋食屋さんを探しているのだけど
なかなか近所に無くて、こういう感じの店があればいいんだけどな〜と喜んでいました。

友達がおみやげに持ってきてくれた、深谷の「黒胡椒せんべい」
これがピリピリ辛くて美味しいんです。

それから亡くなった友人宅に行き、線香をあげて解散。

アパートに帰ってからキッチンの模様替えと自転車のブレーキ交換。

夜は、何か食べるのが面倒になって、せんべいをつまみにビールと芋焼酎でした。 上野毛南パークホームズは私のお気に入りの物件です。

久しぶりに原付で帰宅

先程神戸港海外クルーズの説明会に行き、久しぶりに原付で帰宅したよ

寒さでおしっこチビるかと思ったよ

さて本題 帰宅途中に ふと思った

今年はクリスマスの電飾している家が少ないなぁ

と、

いや 確実に少ない 
年々減っている気がする

思うに、例えば2000~2005年頃に
お子様が誕生した親御さん達が
競って電飾に励んでいたとして、
その後にお子様が誕生した家では
「そろそろ電飾したいなぁ」
と思った時にリーマンショックで
そんなご時世では無くなった

そして電飾していたの家もお子様が大きくなって
「今年から止めるか~」
みたいな

数年後は絶滅してるかも

せっかくLEDでノーベル賞の授賞式が始まろうとしているのにねぇ

Kist大塚

そもそも政治なんかに興味がないボクには、サッパリ分からないことがある。
民主党の鳩山代表の「故人」献金問題である。

鳩山氏の「政党支部」に献金したという個人の中に、既に亡くなっている人や、献金してもいない人の名前があることが「政治資金規正法」の虚偽記載に当たるというのである。

なるほど、真実を書いていないと言う点では確かに「虚偽」だろう。
ところが、献金した金が実は鳩山氏自身の金だというから話がこんがらがる。
つまり「自分の財産」を、自分が代表を務める「政党支部」に「他人の名前」で献金したということであるらしい。

これが「怪しからん」ことで「罪」だというのだが、何処が「罪」なのか良く分からない。

構成要件が何なのか知らないから何とも言えないけど、果たして目くじら立てる程のことなのかとボクには思えるのである。

政党支部への個人献金は年間1千万円に制限されているらしい。
だから他人の名前をかたって、実態を隠した・・・というのが自民党の見方らしいが、これも良く分からない。 Kist大塚のマンションの評判はどう?

コーシン王子マンション

悪石島。
まるで横溝正史の小説にでも出てきそうな名前の島。
皆既日食のお陰で、恐らくは日本人の殆どが一生知るべくもなかったであろう島が、恐らくは日本人の殆どが知る島になってしまった。

光が消えて、島が浮かび上がる・・・。
閉ざされていた秘密の扉が開かれ、知られざる過去が曝かれる。
その怖ろしい真実とは・・・やっぱり横溝正史だ。

前回、日本で皆既日食が見られたのは1963年、昭和38年だったというから46年前のこと。
ボクは小学生だった。
曖昧だが記憶はある。

ボクたちは待っていた。
校庭に出て待っていた(と思う)。
ざわめき。
何だか世界が薄暗くなってきた記憶。
部分日食を黒い下敷きを透かして見た記憶。

それがその時の記憶なのかどうかははっきりしない。
いろんな時の記憶が混ざり合っているのかも知れない。
そういうことはよくあることだ。

記憶は、記憶の中で変化する。
願望や想像と混ざり合ってしまうのである。

明日、天気は微妙。
今はまだ、子供の頃のようなトキメキも胸騒ぎもない。
だが、もしその時晴れていたならば、ボクは空を見上げるだろう。

引っ越し先のマンションはコーシン王子マンションに決定です。

朝日目白台マンション

政治家の公約は「守られないもの」というのが専らの常識だったはず。
なのにマニフェストと名を変えただけで、「信頼に値する約束」と思うのは余りに脳天気すぎないか。

達成率というもので評価するらしいが、ならばこれまで政権を担当していた自民党の達成率はどれ程のものなのか・・・ボクは知らない。
それが検証されたかどうかも知らない。
そもそも、前政権のマニフェストが何かも知らない。

恐らく多くの国民がそうだと思う。

なのにメディアはマニフェストが発表されたことを賑々しく報道し、良く内容を読んで投票しましょうと呼びかける。
良く分からない。

まるでヌエのようなマニフェスト。
論じても詮ないことのような気もするが、自民党のお歴々の民主党批判もお粗末。
800兆を越える借金を作ってきた自民党が、民主党に財源を問うなんぞ烏滸がましいにも程がある。
赤字国債を連発してきたのはどこの誰なのか。

横浜の中田市長が辞任した。
何をどう言い繕おうが「無責任」の誹りは免れない。
結局、東国原知事と同じ。
県民や市民より、大事なのは「自分」ということだろう。

政治が動いている。
国が動いている。
引っ越しするなら朝日目白台マンションがおすすめです。

セザール第二上北沢

今日から仕事です...と言っても3日休んだだけですけど。

仕事帰りにコインランドリーに行って、その間にスーパーで買い物をしてきました。

キッチンドリンカーをしながら作ったおつまみが、これです。

鶏のササミを開いて

1.間にチューブの練り梅と刻んだシソを挟む
2.間にキムチの素を塗る
3.間にワサビを塗る

この3種類を焼きました。

4枚入っていたので、梅を2枚、ワサビとキムチを1枚づづです。
ワサビは、醤油をつけて食べましょう。

芋焼酎の、濃厚な味にマッチする サッパリ系のオツマミです。

== ☆ YAPPY! の ワンポイント・ジョーク ☆ ==

若い頃は、結構ムチャな飲み方をしてました。

そんな自分を見て、妻は言いました
「あ〜、こんな人じゃなくて白馬に乗った王子様みたいな人が理想だったのに....」

そこでYAPPY!は
「い〜じゃねえか、吐くまで飲んだおじさんなんだから、大して変わらねえよ!」

とっさのアドリブに自分でも感心、
なんか夢見る女性の理想のタイプに近づいた気がしました。 セザール第二上北沢の情報満載

シャルマンコーポ池袋

実に不愉快。

高松は雨。
余り歩きたくないから、近場のそば屋で昼食をとった。
近いとは言え、傘はいる。
モスグリーンの大きめの傘を傘立てから引き抜き差していった。

食事を終えいざ帰ろうとすると、傘がない。
井上陽水でもあるまいに、傘がないのである。

店の傘立てには、ボクのによく似たモスグリーンの傘が・・・。
手にとって開いてみる。
全く違う。
にもかかわらず、何処かのバカが間違えて持って行ったのだ。

店のオバチャンに声を掛ける。
「すみません!何処かのアホが傘を間違えて持って行っちゃったんだけど・・・」
オバチャン、店の傘を申し訳なさそうに差し出してくれた。
有り難いが、返しに来るのも面倒だ。
「多分、この傘と間違えたと思う。この持ち主が店にいなかったらこれ持って行くよ」
そう言うと、おばちゃんが店のお客さんに確かめてくれた。
やっぱり持ち主はいない。
「やっぱりね・・・」

というわけである。 シャルマンコーポ池袋のマンション物件が人気

カードゲームでトラブルを起こした

本格的に冷え込み、Xmasが近いと実感できます。カードゲームでトラブルを起こした
三男には、サンタさんは来ないと宣告済みですが、最後の足掻きかプレゼント嘆願書を
書いて壁に貼ってありました。よその家ではお父さんが贈り物を持って来てくれると。

自宅前にXmasのイルミネーション飾ったお宅が何軒かあることにも昨日の帰り道に
気が付きました。長男はクリスマスプレゼント分を前借りしモニターヘッドフォンを
次男は現金でもらってエレキベースの前借り分の返済に充てるようです。現実的です。

これくらい冷えて来るとカイロのありがたみがよく分かります。朝7時前に開封した
使い捨てカイロが夜8時に帰宅するまで暖かいのだから、大した技術だと思います。
この様にありがたみの大きい商品を開発せねばいけない!とは分かっているものの。

さて聴こえている曲は、 Stephanie Mills「Somewhere In This Broken Heart」始めて
の海外旅行でニューヨークに行った時、アポロシアターで彼女のライブを観ました。
小柄でしたが素晴らしい歌唱力に感動しました。さすがアメリカの歌手だと思った。

東建マンション学芸大の物件概要はこちら

|ストリームのオイル交換をしました。

ストリームのオイル交換をしました。
足車なので5000kmに1回の交換です。
それでもこの夏はそこそこ乗ったので、2ヶ月ぶりの交換かな。エミネンス高輪台のマンション物件はオススメです。

ノーマル車だからって油断して、レベルゲージをずっと見ないでいたら、交換直前に確認するとゲージの先端にオイルが付くかどうかぐらいまで減ってました。

前回交換時にはゲージのアミアミ部の上端目いっぱいまで入れてました。

走行距離35000kmのリミット6200rpmの低回転型NAのノーマル車のくせに、こんなに減るんですか!?

オイル粘度はメーカー推奨の0W−20に対してちょっと硬い目の5W−30の100%化学合成を使っています。

確かに今回は高速走行が多かったですが、そんな言う程ムチャクチャ踏んでませんよ!

そんなにブローバイ出るんでしょうかね?

パークキューブ東品川

せっかくこれだけ感動するシーンをタダで見せてくれるんだから
自分から積極的に楽しい事を追いかけないと損だな〜って改めて思いました。

特に地元の老舗デパートは2尺玉を2発という豪快さ

やっぱり花火は、見るというより感じるものですね〜

そんな感動の中、最後の尺玉1発での締めくくりは淋しかったな〜

花火が終わって駅に向かうと駅では入場制限をしていました。

ある程度の人数が駅構内に入ると、そこで一旦入場を完全に止めて、
構内が落ち着いてきたら、また人を入れるという体制をとっていたのです。

お客さんも行儀良くそれに従って、

おかげで駅構内は混乱もなくすごく快適に歩けました。
この警備体制とお客さんの協力で、逆にスムーズにみんな電車に乗れたと思います。

なんだかすごく感動的な、良いものを見せてもらった気分です。
パークキューブ東品川のマンション情報が知りたい。