リックスLお茶の水女子大前

一方、ディープインパクトは今更言うに及ばない名馬であるが、そのキャリアの中で最大のインパクトを与えたのが2戦目の若駒ステークスではなかろうか。
こちらもブラックタイドの全弟として注目を集めていた馬。デビュー戦圧勝で挑んだのがオープン特別の若駒S。7頭立ての少頭数に加え、コレと言った馬もいなかったこともあり1本被りの人気に推されたディープインパクト。ダイジェスト番組でレース途中からの観戦になったわけだが、馬群がばらけ、先頭から後方までは大きな差が付いていた。4角に入るころには勝機はゼロ。「これは勝てんわね。3着までに来ればクラシックでも目はあるかな」と考えてみていたのだが…。
直線に向くと、1頭だけ次元が違った。とんでもない脚を使って前を捉えると、5馬身の差を付けて見せた。
昔のレースの映像やら海外のレースの映像やら、いろいろ見て来たが、流石にこんなのはお目にかかったことはなかった。
今年の菊花賞馬誕生
そう考えた。不器用そうで皐月賞には向きそうもない、ダービーは長い直線で伏兵にやられそう、と考えたわけである。
不器用そう、のイメージは間違ってなかった。皐月賞では、出遅れ、向こう正面で引っかかり、4角では大外ブン回し。3つの敗因をやらかしているのである。それでいて2馬身半差での完勝なのだから、これはもうどうにもならない。3冠馬誕生は確実、と観念した。
ダービーでも伏兵の付け入るスキすら与えない圧勝劇。
最初に勝つと思っていた菊花賞が1番危ないレースだったと言うのは何とも皮肉だった。大逃げを打ったアドマイヤジャパン。道中引っかかり通しで自身との戦いに終始していたディープインパクト。直線を向いてもその差は相当なものがあった。4角回った時点で馬券を売ったとしても、ディープインパクトには張れない。アドマイヤジャパンは止まる気配がないし、ディープインパクトはかかった分末を失っているであろうし。ところがそこから鬼脚を発動し、ゴール寸ででアドマイヤジャパンを捉えてしまった。 リックスLお茶の水女子大前

クレアール余丁町

特別、農業と固定するでもなく、俺の仕事が農業と直結した会社だから、農業としたけど、
今回の選挙の投票率は60%に満たない数値…おおよそ選挙権を、持つ成人の二人に一人が、投票に行かなかった。
俺個人は今の自民党には不満しかない。
アベノミクス?ふざけんな!そんな大口叩いて言うほど、国民の隅々まで、潤ってないだろうが!
まだ、達成の途中?そこで、解散?総選挙?アホか!
ここに来るまでに、口ばかりでうまいこと乗り切ってきただろうけど、次は無いからな!
元々、首相初当選を、体調不良のせいにして、うやむやにして退陣したやり方が男じゃねぇ。
今だに俺は 安倍晋三 信じられねぇ。 クレアール余丁町

エスコートノヴェル白金高輪

お待たせしました。
してない?

来年も盛大に盛大にお祝いさせていただきますよ、ええ。

日時

2015年1月24日(土)14:00〜

場所 ジョイフル札幌7F J-room706

札幌市中央区南6条西3丁目6-31

会費はお部屋代、ケーキ代、備品等です
ケーキは去年同様アトリエシエリオン様に依頼します。
食べやすいようにカップタイプにします。

最大人数は20名様程度
定員になりましたら締め切りとさせて頂きます。
知人のみでの開催にしております。

今回は本当にお部屋いっぱい翔さんオンリーです!

もちろん他担さまもオッケーです。

やむを得ない場合以外でのキャンセルはされませんよう
お願いします。

コメントお待ちしています!
エスコートノヴェル白金高輪

メゾンドール本郷

アグネスタキオンは一躍世代のエースとなり、道悪の弥生賞で圧勝劇を演じると皐月賞へ。
その皐月賞、勝つには勝ったがそれまでほどのパフォーマンスを見せられなかったレースぶりに疑問を感じたのだが、その時点で脚元を痛めていたのがその原因だったのだろう。ダービーを前に屈腱炎を発症、そのまま引退した。
アグネスタキオン不在のダービーは外国産馬として初めてクロフネが出走したが、結果はジャングルポケットの完勝。2着には皐月賞に続きダンツフレームが入り、改めてアグネスタキオンがいれば、と思わせるレースとなった。 メゾンドール本郷

マンション駒場

アグネスタキオンはこの年のダービー馬アグネスフライトの全弟として注目を集めていたが、陣営の評価は「兄以上」というもの。デビュー前からダービー馬以上と言われるのだから、相当な評価と言えるだろう。
デビュー戦を勝って挑んだのが、ラジオたんぱ杯3歳ステークス。馬齢表記の変更により、3歳Sとして最後に行われたレースである。
アグネスタキオンも高い評価を得たが、注目は外国産馬クロフネに集まった。デビュー戦で敗れたもののその後2戦連続でレコード勝ち。朝日杯を制したのがパッとしない1勝馬メジロベイリーということもあり、ここを勝てば史上初の「朝日杯を使わなかった3歳チャンプ」誕生も期待出来た。
その相手としては、札幌3歳Sを制したジャングルポケット。その札幌3歳S、2着タガノテイオーが故障しながらも朝日杯接戦の2着、3着のテイエムオーシャンが阪神3歳牝馬S制覇、ということもあって、ブッツケと言えど評判は相当に高かった。
先団に付けたクロフネ、4角を回って先頭に立ち、ここから強さを発揮するか、と思ったその刹那、並ぶ間もなくアグネスタキオンがクロフネを交わし、そのまま着差を広げていく。クロフネも、そのクロフネを交わして2番手に上がったジャングルポケットも、まるで色無し。アグネスタキオン圧巻の圧勝劇だった。
マンション駒場

プレミアムキューブ三田

それだけに、出ている馬全てが100%の走りを披露することの方が珍しい。その中で1頭だけが真面目に走れば、当然その走りは映える。それが好評価、大物だと言う形で報道されるわけである。
また、前評判の高い馬がどこでデビューするかということも報道されているわけで、あえて自分のトコの好素質馬をそこへ使うようなこともしないわけだから、それなりのメンバー相手のレースとなることも、映える理由の1つであろう。

ということで、デビュー戦の勝ちっぷりの良さ、というのはまるでアテにならない、というのがおいらの持論である。

逆に、2戦目で更に凄いレースで勝った馬、というのは高評価を与えるに足ると思っている。
2戦目、と言っても初戦負けて折り返しの未勝利戦、ということではない。デビュー戦をキッチリ勝って、そして、と言う意味。
この場合2戦目はオープン・重賞あたりで、と言うことが多い。このあたりのレースだと周りの馬はキャリアをある程度積み、自身のスタイルというものを確立している馬が多い。ましてオープンなのだから資質の高さと言うものも既に証明済みなケースが多い。その中でキャリア1戦ながら映えるレースが出来るというのは生半可ではない、と考えるのである。

デビュー2戦目の圧勝劇、ということで記憶に残るのは、2頭のサンデーサイレンス産駒。
アグネスタキオンとディープインパクトである。
プレミアムキューブ三田

ファミール荻窪

昨日のG1・阪神ジュベナイルフィリーズではキャリア1戦のみのロカが1番人気に推された。
デビュー戦で圧巻の勝利、これは大物だ
そんな報道を信じた方が多かったからであろうと推測される。

しかしながらデビュー戦の圧勝・完勝というものは評判ほどは大きな意味を持たない。
20年くらい競馬を見て来て、デビュー戦圧勝、これは大物だ、なんて言われた馬は掃いて捨てるほどいた。じゃあその中で一体何頭が名馬になっただろうか。
名馬どころか、結局その1戦のみが注目を集めた、なんてのも少なからずいる。
かく言うおいらもデビュー戦のレースっぷりで惚れた馬がいた。ダイチノテイオーと言う馬が正月のダート1800で圧勝劇。ダートの走りではない、ダービーへ行く馬、と思って注目していたが、結果はダービー前日の500万特別でパンクと相成りましたとさ。

デビュー戦圧勝にはあるからくりがある。
デビュー戦というのは今では1度しか走れない新馬戦が主流である。つまり、その馬も他の馬も初のレースということである。
そうなると、初めてが苦手な馬たちはそうそうはまともに走らないと言う面がある。一所懸命走らなかったり、物見したり、フラフラしてみたり。
そういうことがあるだけに、ジョッキーとしても勝利よりはまずレースで真面目に走ることを教える方に主眼を置く。 ファミール荻窪

日々寒くなってきましたなぁ。

唐突に半蔵門線に乗ることになり、
うっかりエクスプローラがシルバーに。
あと1つのシルバーは何になるんだろう?
リンクがあと150。
パイオニアがあと60。
これはどっちが近いのかねぇ?
CFはあと150なので、これではないと思う。
ゴールドはリチャージでいいか。
それで9レベルになると思うよ。

DEN-CIN
CINは勝てばプレイオフ進出決定。
DENは勝てば1回戦シードが確定。
そういう条件下でのMNFだったのですが、
INTリターンTDとビックプレイがDENに出れば、
85ヤードのTDランがCINに出て1Qは同点で終了。
2QはCINの時間で13点獲得。
DENは沈黙してたけど、3Qだけで21点獲得。
これで逆転したけども、4QにFG蹴られて
さらに逆転されたところに、INTリターンTDを
喰らって万事休す。
結局CINのプレイオフ決定と、
NEの第一シードが決まりました。
ダルトンは正直よくなかったけど、
ヒルが22キャリー147ヤード1TD。
なんとダルトンのパスヤードより長いんです。
マニングは久しぶりの4INTと大乱調でした。
先週はインフルエンザとかいってましたが、
大丈夫なんでしょうかね?

エンジェリック・ハウルをやっと視聴。
すごくアニメっぽい内容かもしれません。
もっとツッコめばツッコめるんでしょうが、
ここら辺が当たり障りのないところかも。
原作はもっとえぐいでよ。
そんで来週が最終回なんですが、
どうやら来週も天音回です。
つまり4話やる気らしいぜ。
実は私、天音エンドのこの部分は
要らなかったんじゃないかと思っています。
バス事故のシーンだけで良かったのではないかと。
蛇足みたいにも感じているの。
それだけバス事故のシーンが印象的だったので。

スマホの充電をして寝たはずなのに、
朝起きたら充電されてませんでした。
なぜだろう?
考えてみたら、私が充電しようと差し込んだのは
AVタップなんだよね。
こいつの電源を入れてからパソコンを起動させる
というスタイルなんですが、寝る前なんだから
パソコンの電源は落とすよな。
だから充電されるわけがありませぬ。
結局充電器から充電したわけだけどね。

それと、スマホのふつーの充電用コンセントを
いただきましたが、どこに使おうか悩んでいます。
だって余っちゃったんだもん。
そこで結局寝床に配置しました。
寝る前にここで充電しておけば、
間違いは起こらないでしょう。

日々寒くなってきましたなぁ。
私はさっき帰宅したときに鍵穴に鍵を差そうとしたら、
青く光りました。
静電気の季節みたいです。
実は私、かなり帯電してます。
フリースなんかも着てますが、
バチバチいいますなぁ。
あれは冬の音だねぇ。

ダンスコの通販で欲しかった靴を買い、リビングでのんびりしてました。

今日聞いた話では、靴に入れるカイロ。
あれはかなりすごいものらしいですなぁ。
世界が変わると表現してた人もいましたが、
低温やけどするんだって?
通常のカイロも低温やけどするけども、
靴の中だとその可能性は高いのかも?
私は使わないけどねー
確かに爪先の寒さは感じるけど。

トーア明大前マンション

小売販売高の増加率は2011年の8.4%から昨年1.6%に低下した。成長性に代わる配当の魅力が低い点も韓国株式市場の
「アキレス腱」だ。今年、韓国の予想配当性向は13.7%と、英国(46.2%)、台湾(43.6%)、ブラジル(38.5%)、中国(29.6%)、
米国(29.4%)、日本(26.2%)など主要国の中で最も低い。状況がこうであるため外国人の投資も減っている。

円安が本格化した10月以降、韓国に流入した資金は日本の105分の1にしかならない2億6400万ドル。また滬港通
(上海と香港の株式取引の相互乗り入れ)が実施された11月17日以降では、国内流入額は16億ドルと、中国の7分の1にすぎない。

  ・逆走行する政策

このような状況でも、韓国金融当局はむしろ規制を追加する「逆走行」している。今年に入って業界が要求した株式市場活性化対策は
ほとんど貫徹されなかった。

郵政事業本部の差益取引時に証券取引税を免除してほしいという要求は黙殺され、▼上場企業大株主の相続贈与税負担緩和
▼新規上場企業に対する一時的法人税引き下げ▼社外取締役選任義務の緩和−−なども反映されなかった。その代わり派生商品に
譲渡所得税を課税するなど新しい規制だけが追加された。 トーア明大前マンション

パールハイツ大塚

ルーター端末に穴を開けたところ、
モコモコと煙がっ!

リサイクルする時に穴を開けるのですが、
バッテリー入りのをやっちまうとヤバイようですね
(Σ○Д○;)

そのいっときとてつもなく香ばしい匂いが立ち込めました
[[Θ;;´ノД`]]

あーびっくりした!

焦げた端末を写メろうかなとも思ったけど、
とにかく臭いがえげつなかったので即袋で密封しましたとさ
((‾□‾;)

LIVE情報ー!パールハイツ大塚