ファミール荻窪

昨日のG1・阪神ジュベナイルフィリーズではキャリア1戦のみのロカが1番人気に推された。
デビュー戦で圧巻の勝利、これは大物だ
そんな報道を信じた方が多かったからであろうと推測される。

しかしながらデビュー戦の圧勝・完勝というものは評判ほどは大きな意味を持たない。
20年くらい競馬を見て来て、デビュー戦圧勝、これは大物だ、なんて言われた馬は掃いて捨てるほどいた。じゃあその中で一体何頭が名馬になっただろうか。
名馬どころか、結局その1戦のみが注目を集めた、なんてのも少なからずいる。
かく言うおいらもデビュー戦のレースっぷりで惚れた馬がいた。ダイチノテイオーと言う馬が正月のダート1800で圧勝劇。ダートの走りではない、ダービーへ行く馬、と思って注目していたが、結果はダービー前日の500万特別でパンクと相成りましたとさ。

デビュー戦圧勝にはあるからくりがある。
デビュー戦というのは今では1度しか走れない新馬戦が主流である。つまり、その馬も他の馬も初のレースということである。
そうなると、初めてが苦手な馬たちはそうそうはまともに走らないと言う面がある。一所懸命走らなかったり、物見したり、フラフラしてみたり。
そういうことがあるだけに、ジョッキーとしても勝利よりはまずレースで真面目に走ることを教える方に主眼を置く。 ファミール荻窪