プレミアムキューブ三田

それだけに、出ている馬全てが100%の走りを披露することの方が珍しい。その中で1頭だけが真面目に走れば、当然その走りは映える。それが好評価、大物だと言う形で報道されるわけである。
また、前評判の高い馬がどこでデビューするかということも報道されているわけで、あえて自分のトコの好素質馬をそこへ使うようなこともしないわけだから、それなりのメンバー相手のレースとなることも、映える理由の1つであろう。

ということで、デビュー戦の勝ちっぷりの良さ、というのはまるでアテにならない、というのがおいらの持論である。

逆に、2戦目で更に凄いレースで勝った馬、というのは高評価を与えるに足ると思っている。
2戦目、と言っても初戦負けて折り返しの未勝利戦、ということではない。デビュー戦をキッチリ勝って、そして、と言う意味。
この場合2戦目はオープン・重賞あたりで、と言うことが多い。このあたりのレースだと周りの馬はキャリアをある程度積み、自身のスタイルというものを確立している馬が多い。ましてオープンなのだから資質の高さと言うものも既に証明済みなケースが多い。その中でキャリア1戦ながら映えるレースが出来るというのは生半可ではない、と考えるのである。

デビュー2戦目の圧勝劇、ということで記憶に残るのは、2頭のサンデーサイレンス産駒。
アグネスタキオンとディープインパクトである。
プレミアムキューブ三田