マンション駒場

アグネスタキオンはこの年のダービー馬アグネスフライトの全弟として注目を集めていたが、陣営の評価は「兄以上」というもの。デビュー前からダービー馬以上と言われるのだから、相当な評価と言えるだろう。
デビュー戦を勝って挑んだのが、ラジオたんぱ杯3歳ステークス。馬齢表記の変更により、3歳Sとして最後に行われたレースである。
アグネスタキオンも高い評価を得たが、注目は外国産馬クロフネに集まった。デビュー戦で敗れたもののその後2戦連続でレコード勝ち。朝日杯を制したのがパッとしない1勝馬メジロベイリーということもあり、ここを勝てば史上初の「朝日杯を使わなかった3歳チャンプ」誕生も期待出来た。
その相手としては、札幌3歳Sを制したジャングルポケット。その札幌3歳S、2着タガノテイオーが故障しながらも朝日杯接戦の2着、3着のテイエムオーシャンが阪神3歳牝馬S制覇、ということもあって、ブッツケと言えど評判は相当に高かった。
先団に付けたクロフネ、4角を回って先頭に立ち、ここから強さを発揮するか、と思ったその刹那、並ぶ間もなくアグネスタキオンがクロフネを交わし、そのまま着差を広げていく。クロフネも、そのクロフネを交わして2番手に上がったジャングルポケットも、まるで色無し。アグネスタキオン圧巻の圧勝劇だった。
マンション駒場