メゾンドール本郷

アグネスタキオンは一躍世代のエースとなり、道悪の弥生賞で圧勝劇を演じると皐月賞へ。
その皐月賞、勝つには勝ったがそれまでほどのパフォーマンスを見せられなかったレースぶりに疑問を感じたのだが、その時点で脚元を痛めていたのがその原因だったのだろう。ダービーを前に屈腱炎を発症、そのまま引退した。
アグネスタキオン不在のダービーは外国産馬として初めてクロフネが出走したが、結果はジャングルポケットの完勝。2着には皐月賞に続きダンツフレームが入り、改めてアグネスタキオンがいれば、と思わせるレースとなった。 メゾンドール本郷