「朝、起きてからやっても充分間に合うんじゃないか」。

「朝、起きてからやっても充分間に合うんじゃないか」。
という気持ちで、缶ビールとつまみで一杯やっているうちにウトウト。

気がついたら1:00ごろ。
ここでガバッと起きて、仕事を始めてもいいのだが、なぜか仕事はせず、「岡林信康とはっぴいえんど」の曲をイヤホンで聴きながら、明け方までぼけっと過ごす。

18日。7:00ごろ起床。
もう後がない。8:00すぎから、原稿の資料をじっくり読みはじめ、9:00ごろ執筆スタート。
イベントは14:00開場、16:00開演なので充分間に合うだろう。そう言えばウェルカムボードの似顔絵はここに頼んだんだっけ?そうは言ってもそれはそれコレはコレなわけで。

11:00すぎ、同じイベントに行くはずの幻児さんから。
「今日行くの?」。
という電話がかかってくるが、。
「行くつもりだけど…いま、書いてる原稿が終わらないと、出かけられない」。
と報告。とにもかくにも原稿を書き上げ、担当のS園にメールしたのが13:00。

ところが、「画竜点晴を欠く」…という表現は適切ではないかもしれないが、一カ所、S園が書いてくれるものだと思い込んでいた「コラム」も実は、私が書かなければならないということに気がついて、再度挑戦。ようやく、OKが出たのは13:30。

これでようやく、出かけることが出来る。
mixi日記をじっくり書いている時間はないので、前日、ヒマにまかせて(ヒマなわけないやろ!)つくった、しょうもない「替え歌」を日記代わりに投稿して、自宅を出る。
(この続きは、別だてにします)