日曜日は空港訓練があり参加してきました。

一昨日の日曜日は空港訓練があり参加してきました。

事前打ち合わせには参加したのですが、空港訓練は初参加という事もあり不安の中での出動となりました。

しかし自団が出動先頭車両という事で、サイレン吹鳴は自団のみだったので、少しは優越感に浸ることができました(笑)

出動指示発令!
サイレン吹鳴と同時に出動し緊急ゲートから入港。
ターミナル前を横目にあらかじめ決められた経路を走行して活動場所へ。

そして現着。指揮本部へ現着報告した後に活動開始。

長い!長い!伸ばしても伸ばしても、まだホースが足りない。
通常の訓練では4本程度を伸ばせば届くのに、最終的に次のポンプ車まで8本のホースを
要した。

とは言っても、分団長の私は指揮者であるので、団員が延長するホースを辿り移動するだけだが、歯がゆくて自分がホースを伸ばしたくなったくらいだった。

やっと次車両へ結合し中継送水開始。
すると周囲にいた団員達の異質な雰囲気を感じながら【連成計圧】と【送水圧】を確認。

【送水圧 0.5MPA】【連成計圧 0.1MPA】
指揮本部へ送水報告を済ませた後に、無線で自団車両の送水圧も確認。
『送水圧は0.3MPAです。』の応答。
『了解。そのまま維持せよ。』を告げて、とりあえず安堵し数名の団員へ救難訓練へ移動し参加する様に指示。

※ちなみに【送水圧】とは、ポンプ車から水を送り出す数値であり、【連成計圧】とはポンプ車へ水を受け取る数値なのである。

不足により何度か送水量を増水したが、普段は立ち入れないはずの滑走路での訓練である事や広い空間である事を楽しんだ。

しかし終盤になり『 分団長!貯水槽を水が足らなくなる可能性があります!』との無線連絡。

本来なら指揮本部へ連絡し指示を待つのだが、無線機が不調になり伝令要員を全て送り出していたので、自ら貯水槽の確認を行い、『これなら大丈夫だ。』と判断した。

終了予定時刻を10分以上過ぎての【鎮火サイレン】があり、撤収を開始した。
ホースの片付けをしていると『分団長はそんな事をしなくて良い!』と本部役員から注意されながらも少人数での片付けを終え、講評場所へと移動。

講評場所であるホールでは救難訓練が続いていたので、暫くは余韻を楽しみながらの休憩と
なった。

関係者による簡易反省会を終えると、地区団長から『団員が待っているだろうから、最後の講評を私が代理で出るから帰りなさい。』との言葉があり、帰路へついた。

夕方から【反省会】と称する飲み会に参加し、【操法大会】では敵になる団長達と一緒に楽しみました。

親子で女性分団に所属し、お母さんは日本一になった娘さんに『お母さんにはいつもお世話になってます。』と挨拶したら、『ありがとうございます。どちらの分団の方ですか?』と
質問があり、地区名を告げると近くの女性団員の方が『◯◯分団の分団長だよ。』と説明され、『あ!そうなのですね。こちらこそお世話になります。』との挨拶を頂いた。

実は自団は市の操法大会で何度か優勝し県大会でも上位になった経験があるので、県下では少しは団名を知られていると思います。

会場を後にして、数件のハシゴをして帰宅した。

今住んでいる家はここで見付かりました。

神泉の賃貸物件
こちら

スタッフの対応がとても迅速で、私のこだわりや我がままの要求も全部答えてくれて、すごく素敵な会社です。

日曜日は朝から消防署へ行き、
◯レサシアン 3体
◯AED 3台
◯ガーゼ
を借りて、ポンプ車格納庫へ行き、集まった3名と一緒に文化祭へ向かった。
文化祭の休憩時間を使っての、AED講習をする為である。

とは言っても、、想像以上に参加者は少なかったが、逆に密度の高い講習になったと思います。

午後からは家族と買物に出掛けたのだが、数日間の睡眠不足に大きな台風的な仕事を終えた安堵感から、ほとんど記憶なく過ごしてしまいました。

来週は剣道大会。
再来週は消防訓練である地元での【長距離中継送水訓練】がある。

再来週の訓練は、ほとんどの主たる役員クラスが参加出来ず、今から次の不安に休む間も無くバタバタな日々の中、来週の剣道大会では恥ずかしくない審判と試合が出来る様に準備しなくちゃ。