|ときどき僕は、映画

ときどき僕は、映画、DVDを観ます。
映画は最近一人では観ませんが、DVDはわりと一人で。

「おすすめレビュー」にいくつかは書いていますが、観ている量はもっと多く、印象的なもの以外はレビューを書く気になれないだけ。

最近書いたレビュー「死ぬまでにしたい10のこと」。


パラスト幡ヶ谷


観たのはもっと前でしたが、最近原作を手に入れ、ふとレビューを書きたくなりました。

この映画、23歳で夫と娘のいる女性が余命2ヶ月と宣告され、彼女が死ぬまでにしたい10のことを中心に淡々と描かれます。

この淡々と、というのがとても切なく・・・。

レビューにもありますが僕はコインランドリーのシーンが好きでした。そして悲しい結末なのに、どこか救われた気になる不思議な作品です。