台紙が3冊になり横綱の称号を3個貰った。

ゆらんの昨気は、72湯達成の台紙が3冊になり横綱の称号を3個貰った。
その、ご褒美として無料の入浴券が付いてくるのだが毎年ランダムに貰えるので使用に気を使う。
完全制覇を狙っている親方さんは、絶対に使用してしまうだろうが私のように72湯で止めてしまうような人には使うとは限らない。
無料券の中には、無期限な物も多く数年も財布の中に入っているのだが期限があるのは失効してしまう物もあったりする。

今回入っていたのは、「子宝の湯」と「法林寺温泉」が2枚。
期限を見ると子宝は無いようだが法林寺は今年中が期限。
子宝は家から近いので毎年入っているが法林寺は富山県にあり難問!
モタモタしていると雪が降り訪問不可能になってしまう。

法林寺温泉は、最初に入って以来2回目の訪問が無いまま何年も経ってしまった温泉だ。

記憶を辿ると、山の麓にある一軒宿で雰囲気の良い小さな風呂だったような?
露天風呂に地元の親父が入り続けていて露天風呂に入らずに出てきた事も思い出された。
それだけ、露天風呂も大きくなかった事は思い出したが湯の記憶はあまり無い。
完全かけ流しで悪くはなかったような気もするが当時は連湯の連続で記憶もあやふやになっている。

そんな訳で、法林寺は入りたい。
しかし、期限付き。
場所も富山県。
名古屋からだと、白川郷を越えて富山県に入り五箇山から山を越えて城端や福光方面に行くのがベストかな?

入浴券も何故か2枚引き当てたから、いつも付いて来る次男の分もある。
フォト
名古屋からの往復時間を考えるとギリギリの距離。
幸い、法林寺は宿泊するのなら長時間滞在できるのだが日帰り入浴の場合は食事もできないし休憩所も狭いので長時間滞在は難しそう?
だから、単純に往復も考えたのだが富山県まで子連れで行って温泉だけでは無駄なような?
次男が付いて来る時はなるべく何か温泉以外な物を付けようとしているがネタも無くなりつつあり遠方では時間も無い。
今回も、イロイロ考えたのだがしっくりこない。

そして、浮上してきたのが「リアル宝探しゲーム」。
ここ数年は、愛知の奥三河でやっていたのだが今年は無い模様。
次男は、このゲームが好きで奈良方面へも連れて行っいる。
夏休み中には富山県高岡市周辺でも開催されているので、これに繋げるのも面白い。

どんなゲームか調べていると次男も行く気満々になってきて、もはや法林寺温泉は二の次になり宝探しの予習。
時間があれば帰りに寄る程度になってしまった。

さすがに、これでは私も困るので宝探しが少しでも早く終わらせるように予習に付き合う。

問題用紙をネットで見つけるもののピンポイントでは宝の場所は分からない!
高岡駅周辺を歩き回らなければならないようたがら駐車場も考えなければならない。
私の下調べは宝探しより高岡市の回り方に変化してくる。

宝探しは、問題用紙を入手した後は情報屋なる所で情報を手に入れなければ動けない模様で家では手詰まり。

結局、情報屋(店)が開く午前10時前に高岡市に着き昼過ぎまで宝探し。
そして、法林寺温泉に寄って帰ると言うプランが完成!

ちょっと待て!!!

高岡市へ午前10時前に到着と言う事を考えると高速を使っても早朝5時前には家を出ないといけない!
多分、5時では遅いだろうから3時頃には起きなければならない。

面倒だな!

寝たかどうか分からない時間に起きるなら夜の内に出発してしまおう。

で、私が長期の連休に入るのを待って初日に決行!

仕事最終日に、いつものように広尾ガーデンヒルズに帰宅し夕食。
風呂に入り、午後10時過ぎに出発。
夜間移動なら高速も必要ないだろう。
岐阜から高岡までは国道156号線で1本道。

美濃、郡上、ひるがの、白川郷、五箇山と言った観光地や沢山の温泉を全て夜間通過!
郡上八幡の徹夜踊りはやっているのか知らないが、これもスルー。

時間に余裕があるから現地に着いてから寝ようと思ったから。

国道156号線を走り早朝の高岡市内に入る。
この辺りの駐車場に止めて宝探しをするのだが駐車場の確認だけして隣の射水市の新湊の「道の駅」の駐車場へ向かう。

ここで、仮眠。

夜明けと共に、地元のバイク乗りがやって来てバイクの空吹かしを始め次男と共に目が覚める。
ちなみに、次男は出発と同時に睡眠に入っていたので寝起きは良い。

何処の田舎にも、早朝から騒がしいバイク乗りに遭遇するのだが早朝に私達を起こしてくれた事に感謝。

この、道の駅から至近距離に、「ゆらん」人気投票に必ず上位にランキングされる「海王」があり朝5時から9時まで日の出風呂営業をしている。
本来の営業は10時からで9時には一旦閉店すると言うのも都合が良く即刻移動!
朝9時に追い出されてから高岡駅へ向かえば丁度良さそう。

とにかく、朝風呂。

早朝料金500円で濃厚な温泉を頂く。
なんと、子供の早朝料金は100円で600円で「ゆらん」シール2枚ゲット!

早朝の仮営業だから食事処も閉まっているので休憩所で寝直し。

目覚めてトイレに行くと、トイレ入口に今日やろうとしている宝探しゲームの問題用紙が積んであった!

ブックラックの中に高岡観光ガイドもあり次男と作戦タイムが始まる。

宝探しに重要なヒントが書かれている「富山こども新聞」も海王には置かれていて謎解きが始まる。
で、大体の向かうべき場所の3ヶ所と特別問題の1ヶ所を予想。
後で1ヶ所間違っていた事が判明しるのだか?

大体の場所が分かれば9時の閉店を待つ事ない。

高岡市に戻り古城公園北口駐車場へ。
ここの駐車場は24時間無料で止められる。

宝の1つは、古城公園の何処かにあると予想されたので公園の中へ。

かなり、大きな公園で動物園や遊覧船、神社まであり神社では結婚式まで。暑い中記念撮影ご苦労様。

そんな広い公園をヤミクモに歩き回っても分かる訳も無く諦めてソロソロ情報屋も開くので移動使用として案内板を覗き込む。

案内板を見ていて閃いた。
あやふやな宝の地図と照らし合わせて駐車場の近くの方まで戻り1つ目の宝を発見。

次の宝まで車を使う事も考えたが無料の駐車場は市内に殆ど無く見当違いな所へ行った時のロスを考えると、このまま歩いた方が良さそうだ。