|移籍金もアジアサッカー界では一番高かったハズである。

移籍金もアジアサッカー界では一番高かったハズである。

(セリエAのローマからプレミアリーグのボルトンへの移籍金は32億円と言われている。)

駄目出しをされることは、「嬉しい事」だと思うのだが……

俺も演劇において、駄目出しをされるのはキツイが凄く嬉しい

自分勝手な独りよがりではなくなるから……

プロとノンプロの差は何か?それは結果を求められるかどうかであると思う。

ヒデも言っていたが、「『戦う姿勢に励まされた。

サンクタス四谷・曙橋ルーセンシティを購入予定です。ありがとう』などとメッセージを頂くことは

とても嬉しいことだが、それに対して『結果』で報いる事が出来なかった事は

『プロ』としての自分は悔しい」と……

俺も「頑張っていたねぇ」と評されるより「お前面白かったよ」と言われたれたり

出演した作品を評価された方が役者としては100倍嬉しい。

「『頑張る』のはプロとしてその職業で糧を得る人間の最低限の事だ」とも言い切っていた……

至極当たり前だと思った。それと共に難しい事だとも思った。

それは詰まり、常にモチベーションを上げ続けることでしかできないから……

「『戦う覚悟』が足りない」とも漏らしていた。

「怪我やこれからの事を考えるが故に思いっきりやれないのでればヤメろ!」という中田の言葉は

耳が痛くてそして覚悟の要る言葉だろう。